免許は必要ないけど自転車も軽車両

自転車は誰しもが乗っている非常に生活に欠かせないツールですね。
免許も必要ないし、早ければ3歳の子供でも乗っています。

自転車を使うシチュエーションは何が思いつくでしょうか?

通勤や通学、運動や旅行、ちょっと近くに買い物、子供の遊び道具としてなど、移動手段としては非常に便利だし、趣味にもなる、運動用としても使えるから本当に素晴らしいツールです。私も毎日通勤に使っています。

いまや一人1台のレベルです。
でも知っていますでしょうか?
自転車は軽車両に分類される乗り物であり、実はちゃんとした交通ルールもあるんですね。
私も実は原付や車の免許取得時の教習所で習いました。
原付や車の免許を取らず下手したら軽車両という認識をせずに使い続ける人もいるかもしれませんね。

最近では罰則が厳しくなりましたね。
免許が必要ないとは言え、子供でも乗れるものなので、親がしっかりとルールを教えて安全な自転車ライフを送っていきたいですね。

小型二輪免許の存在はつい忘れがちです

自動車免許が有れば原付バイクに乗れるので、普段の足にしているという人は多いはずです。ですが正直なところ、原付バイクは時速30キロ制限ですし、パワーも少ないと感じてしまいます。ですからもうちょっと大きめのバイクに乗れたらな、と考えてしまうのではないでしょうか。原付バイクより大きなバイクに乗るには、当然ながら免許を新たに取得する必要が有ります。そこで普通二輪免許を取るとなると、ちょっとハードルの高さを感じてしまいがちです。そこでよく忘れがちになっているのが、小型二輪免許というバイクの免許証の存在です。小型二輪免許というのは、125cc以下のバイクに乗れるとてもお手頃な免許なのです。125cc以下のバイクといっても、必要十分にパワーはありますので、大変に実用的です。普通二輪免許を取るのはちょっとという人には、忘れがちな小型二輪免許がおすすめ出来ます。もちろん小型二輪免許は取得するための費用も安くなりますので、大変に経済的です。

自動車運転免許不要で乗れるクルマはバイクなのです

クルマにしか見えないで欧州で普及している「原付四輪」と呼ばれる自動車運転免許不要で乗れるバイクをご存知でしょうか。クルマと先に書きましたがバイクであるがゆえに走れない道路も存在するのです。例えば高速道路や名阪国道などの自動車専用道路ではその排気量や最高速度が問題となるため道路への進入及び走行が制限されることになりますが、免許不要という利点を生かして高齢者や学生がご近所のショッピングといった目的で利用される場合には先に紹介した様な道路を利用しなければ便利に乗れる乗り物となります。同様の道路で四国と本州を結ぶ瀬戸大橋等の連絡橋がありますが、バイクは通行できます。この原付四輪ではどうなるのでしょうか本四高速株式会社のサイトを参照しますと、125cc以下の原動機付自転車についての記載は原付二輪車、つまり原付バイクを対象にしまなみ海道等の一部の架橋における歩行車道を利用して通行する旨や渡船を利用することを推奨した文章があるものの、原付四輪車についての案内はこれからのようです。

AT限定免許の種類と取り方

AT限定免許とは、クラッチ操作を必要としないバイク、つまりオートマ二輪車に限り、運転できる免許のことです。
AT限定免許の種類は3種類あり、
AT限定大型自動二輪車(総排気量650cc以下)、ただし、総排気量を超えるAT限定バイクを運転するときはAT限定以外の大型バイクの免許が必要になります。
AT限定普通自動二輪車(総排気量400cc以下)、この免許で、AT以外のバイクを運転することは出来ません。
AT小型限定自動二輪車(総排気量125cc以下)、AT以外の小型自動二輪を運転することは出来ません、となっています。
取り方としては、普通のバイクの免許の取り方と同じです。

運転免許の資格条件として、両目で0.7以上あり、片目でも0.3以上あること。
片目で0.3に満たない場合、視野が左右150度以上あること。
勿論、メガネ・コンタクトレンズは使用可です。
赤・青・黄色の三色が識別できることも必要です。
10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえることも必要です。(補聴器可)
普通の読み書きができ、その内容が理解でき、自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないことも挙げられます。
ですが、身体に障害をお持ちの方でも、事前に各都道府県の運転免許試験場で、適性検査を受けることが出来ます。

他に、以下に上げるような条件に該当する方は、免許を取得することが出来ません。
政令で定められた病気、中毒に罹っておられる方。
交通違反や事故などで、行政処分を受け欠格期間が終了していない方などです。
もちろん、行政処分を受けた方でも、欠格期間が終了していれば、受けられます。

大型二輪免許の取り方

バイクの免許を取得しようという理由には、様々なものがあるのではないでしょうか。通勤用の足としてバイクが必要な場合、ツーリングなどの趣味の場合、レースなどの本格的なものに挑戦したいなどと、様々な理由があるでしょう。目的により取得する免許の種類も異なるでしょうが、将来の事や余計な手間を省くためにも大型二輪免許の取得が良い場合もあります。大型二輪免許を取得すれば、どのようなバイクに乗りたくなっても対応する事ができます。そんな大型二輪免許の取り方ですが、自動車学校などに通い取得する方法と、試験場で一発試験で取得する方法があります。試験場で一発で取得できる方は、そんなにはいないかもしれません。大抵は何度か受けて、合格する場合がほとんどではないでしょうか。操作などをある程度できる場合は、この方法でも良いかもしれませんが、そうでないなら難しい場合もあります。自動車学校などに通い、取得する方が無難かもしれません。自動車学校の場合は課程をこなし、卒業できれば、取得できますので、操作を覚えながらゆっくりと取得を試みるのも良いでしょう。取り方としては、これらの方法がありますが、自動車学校によっては、自動車の普通免許などと同時に取得するとお得な場合もありますので、そのような方がいらっしゃる場合は、検討してみても良いかもしれません。利用される自動車学校の特性を調べて、一番良さそうな所で、資格取得を試みましょう。

普通二輪免許の取り方に関して

最近ではバイクに乗っている人も多くなっていて、昔とは明らかに違っているのだ。しかしどのように普通二輪免許の取り方はあまり変化は無く、むしろ変わっている所が少ないくらいと言われている。ではそこで実際にどうすれば免許を取れるかを見ると、やはり模擬運転を繰り返したり基礎的な訓練をする事である。これらの事は一見無駄だと見受けられがちだが、本当は非常に適切な方法なので積極的にしてみるべきだ。そして次に普通二輪免許の取り方の工夫して得られるメリットについては、実際に運転する時に周りを見渡す事である。その理由は大概の人が運転の際には前しか見ていないが、どんな状況が来ても対応しなければいけないからだ。そのためには前後左右を確認する事がかなり重要とされていて、ちゃんと注意力を高める必要がある。そこで他の工夫して得られるメリットは、普通二輪免許の取り方の基準を前もって頭の中に入れておく事だ。この事はやはり何事にも目標を明確に定める事が適切で、きちんとしなければいけない行動を知る必要があるからだ。しかも免許の取り方だとどういう風に運転の順序を踏んでいくかに繋がり、絶対のするべき事が見つかる。だから後は本当に普通二輪を自分達の手で扱ってみて、出来る限り早めに免許が取れる様に必死に頑張るだけとされているのだ。それと最終的には免許試験があるが、それも今までの総復習みたいな物だからいつも通りにすれば普通二輪免許を取る事が可能だ。

原付免許の取り方に関して

原付免許を取ろうと考えた時に、大概の人達がどのような取り方をすれば良いかが分からないだろう。しかし普通のバイクと全く変わらない取り方なので、そう慌てる事は無いと言われているのだ。それに原付の方が普通の物よりも免許が取りやすいから、一つの工程を冷静にこなしていくだけで良いとされている。ではそこで知ると良い情報については事前の準備として、原付免許の試験にはどういう物が出るかを見ておく事である。これはやはり本番では思いもよらない事が起こる可能性もあるから、より多くの事柄を覚えておくべきだからだ。それに実際に毎年の様に問題は変えている事がほとんどなので、自然と対策のために勉強をする必要がある。そして次に工夫をする事で獲得出来るメリットに関しては、周りの人達が原付免許を取るために何をしているかを調べる事だ。何故ならどうすれば良いかが分からない時には、友達や家族などが行っている事を参考にすると良いからである。しかも大体の場合で適切な方法を見つけ出す事が可能で、その方法にも一層の工夫を見受けられる様になる。だからそれを上手く個人の原付免許に取り方に反映させるべきで、実際に取れるかどうかの焦点に繋がっていく所だ。そうではあるが基本的には原付の免許の試験はそんなに難しすぎる事は無いので、軽い気持ちで挑んでいくくらいが無難とされている。それにこれまでで試験に落ちた人は一人もいないから、心配する要素は持たなくても可能な限り持たなくても良い。